Skip to main content

Dropbox 管理者とは

管理者はチームに適切な共有権限や体制を提供し、チームがベストな環境で仕事を行えるよう管理します。

管理者ができること

Dropbox の管理者はさまざまな設定や情報収集が可能です。

誰が何をできるのですか?

Dropbox Business の管理者階層を利用すると、Advanced と Enterprise のチームに権限の異なる管理者を複数のレベルで指定することができます。なお、Standard プランの Dropbox Business チームに指定できる管理者のレベルは 1 つだけです。

what-does-it-mean-to-be-an-admin-for-dropbox_carousel-1-slide-1

チーム管理者

チーム管理者は、チーム全体のセキュリティと共有権限の設定、チーム メンバーとチーム フォルダの管理、チーム メンバーの管理者としての設定など、すべての管理者権限を持っています。また、他の管理者をチームから削除または使用停止にすることや、新しい機能、アカウント設定、統合機能を有効にすることができます。

チームのアカウントを管理

チーム管理者は、チームのビジネス用 Dropbox アカウントを管理できます。「ユーザーの代理ログイン」機能を使用することでも、メンバーのビジネス用アカウントにアクセスして次の操作を行うことができます。

  • チーム メンバーのフォルダ構造を確認する

  • 他のユーザーとファイルやフォルダを共有する

  • ファイルを閲覧、開く、ダウンロードする

  • ファイルを削除する、または削除済みファイルを復元する

チーム メンバーのビジネス用アカウントが個人用アカウントにリンクされていたとしても、管理者がアクセスできるのはビジネス用アカウントだけです。管理者にはチーム メンバーの個人用 Dropbox アカウントへのアクセス権はありません。

what-does-it-mean-to-be-an-admin-for-dropbox_managing-your-teams-accounts_image
管理者の役割

あなたは Dropbox 管理者の世界に初めて足を踏み入れようとしています。

管理者になる前に、チーム メンバーとしての Dropbox の使い方を詳しく理解しておくことをお勧めします。

チーム メンバーとしてより多くのトレーニングを積むには、Dropbox Business チーム メンバー コースをチェックしてみてください。

what-does-it-mean-to-be-an-admin-for-dropbox_filling-the-admins-shoes_image