Skip to main content

誤ってファイルを削除した場合のトラブルシューティング

急いでいるとき、誤ってファイルを削除してしまうことがあります。そこで、Dropbox は削除したファイルやフォルダをすばやく簡単に復元して、皆さんがすぐに仕事を再開できるようにしています。

加藤さんの事例

加藤さんの会社は Dropbox Business を使い始めたばかりで、まだ使い方がよくわかっていません。

troubleshooting-accidental-file-deletion_carousel-1-slide-1

加藤さんについて

加藤さんは、大規模な小売会社の経理部門に勤務しています。会社が効率的に経営していることを確認するために財務記録の作成と監査を担当しています。

これで解決!

ファイルの復元は簡単です。管理者は、加藤さんに自分でファイルを復元するように指示するか、ユーザーの代理ログイン機能を使用して加藤さんのアカウントにログインし、ファイルを復元するかのいずれかを行うことができます。

いずれの場合も復元の手順は同じです。

ファイルを元に戻す

大量のファイルを削除した場合は復元に時間を要する可能性があるため、必要に応じて Dropbox サポートにご連絡ください。Dropbox Business の場合は、削除したファイルを 180 日間復元できるので、さらに安心です。

troubleshooting-accidental-file-deletion_undoing-a-deletion_image
特定のファイルまたはフォルダの復元

過去 30 日以内(Dropbox Business アカウントまたはエクステンデッド バージョン履歴付きの Dropbox Plus アカウントをご利用の場合は 180 日以内)に削除したファイルまたはフォルダを dropbox.com から復元できます

troubleshooting-accidental-file-deletion_recovering-select-files-or-folders_image
メンバーがファイルを完全削除してしまうのを防ぐには

通常、ファイルをアップロードするユーザーまたは共有フォルダや Paper ドキュメントの所有者は、Dropbox に保存されているアイテムを完全に削除することができますただし、Dropbox Business 管理者は、チームによるコンテンツの完全削除を制限することができます

troubleshooting-accidental-file-deletion_preventing-permanent-deletion_image
仕事にすぐに戻れます

アクシデントは起きるものです。Dropbox はそのことを理解し、皆さんの重要なドキュメントを簡単に復元できるようにしています。これで加藤さんは削除したファイルを復元し、仕事を再開できます。

troubleshooting-accidental-file-deletion_getting-back-to-business_image