Skip to main content
チーム アカウントの安全性を高めるために管理者ができること

チーム アカウントの安全性を高めるために管理者ができること

Dropbox は、皆さんと所属する組織にとってセキュリティがいかに重要であるかを認識しています。Dropbox Business がチームの Dropbox アカウントの安全性を確保するための機能を多数提供しているのは、そのためです。

安全であんしん

組織のデータを安全に保つことはどの組織でも重要事項です。Dropbox Business ならアカウントのセキュリティをうまく管理することができます。

組み込まれたセキュリティ

今日、膨大な量の仕事がオンラインで発生します。そんな中、Dropbox はセキュリティがいかに重視されているかを理解しており、データ、知的財産、IP アドレスを保護するために水面下で取り組んでいます。

以下は Dropbox Business でご利用いただけるセキュリティ機能の一部です。

  • 2 段階認証

  • シングル サインオン

  • デバイスの承認

  • ウェブ セッション管理

  • 共有フォルダとリンクのカスタム設定

  • アクティビティ ログ

  • セキュリティ情報とイベント管理(SIEM)をはじめとする IT プロセス

  • ID 管理と情報漏洩防止(DLP)

上記およびその他セキュリティ機能の詳細についてはこちらをご覧ください

what-can-i-do-to-make-my-teams-account-even-more-secure_built-in-security_image

データの保護

組織のデータを安全に保ち、チームのアクティビティを保護する方法をご説明します。

what-can-i-do-to-make-my-teams-account-even-more-secure_protect-your-data_card-1

管理者により管理された共有

チーム管理者には、チーム全体を管理するためのグローバル共有管理機能があります。たとえばチーム フォルダの共有権限設定では、フォルダへのアクセス権のあるユーザーが、フォルダ内のファイルを編集できるか、あるいは閲覧しかできないようにするかを管理者が決めることができます。

what-can-i-do-to-make-my-teams-account-even-more-secure_protect-your-data_card-2

ユーザーによる管理

管理者はユーザーにも管理機能を一部与えることができます。

チーム管理者の許可に応じて、ユーザーはユーザー管理フォルダ、さらに場合によってはチーム フォルダの共有権限を設定できます。

what-can-i-do-to-make-my-teams-account-even-more-secure_protect-your-data_card-3

エンタープライズ データ保護(EDP)の統合

個人のデバイスを仕事に使う人が増えるほど、セキュリティ違反や情報漏えいのリスクが高まります。Dropbox Business と Windows 10 のエンタープライズ データ保護の統合により、EDP 対応マシンから Dropbox アカウントに追加されたファイルは、デフォルトで保護されるようになります。

what-can-i-do-to-make-my-teams-account-even-more-secure_protect-your-data_card-4

ランサムウェア対策

何らかの理由でランサムウェアのターゲットとなってしまっても、Dropbox アカウント内のファイルは保護されます。Dropbox Business は以前のバージョンのファイルを復元できるため、攻撃を受ける前のバージョンにアクセスできます。

追加サポート

皆さんは管理者として、他のツールやソフトウェアを活用してチームにとってより堅牢で安全な環境作りを行っていることもあるでしょう。

すでにサードパーティ製ソフトウェアやアプリをお使いの場合、もしかするとそれは Dropbox と統合できる多数のセキュリティ パートナーの 1 つかもしれません。

お気に入りのアプリやソフトウェアが対象かどうかを確認するには、アプリ統合ページをご覧ください。

what-can-i-do-to-make-my-teams-account-even-more-secure_getting-some-extra-help_image

非常に安全なログイン

Dropbox Business のセキュリティをさらに高める方法をお探しですか?Dropbox Business ではデータを安全に維持することが重要なのは大前提ですので、それを実現する安全なログイン方法を 2 種類ご用意しています。

両方の方法を確認し、皆さんのチームにより合うものを選択してください。なお、これらの方法は別々に使用するように設計されていますので、両方を組み合わせることはできません。

what-can-i-do-to-make-my-teams-account-even-more-secure_super-secure-sign-in_card-1

シングル サインオン(SSO)

シングル サインオン(SSO)を使うと、ユーザーが共通のアイデンティティ プロバイダにログインすれば Dropbox Business にアクセスできるようになります。皆さんの組織がアイデンティティ プロバイダを利用している場合、すでに信頼しているプロバイダに認証を任せることができます。

覚えておくべきパスワードが 1 つ減るので、ユーザーにとって利便性とセキュリティが高まります。

what-can-i-do-to-make-my-teams-account-even-more-secure_super-secure-sign-in_card-2

2 段階認証

もう 1 つの優れたセキュリティ オプションが、2 段階認証です。この機能を有効にすると、ログイン時にパスワードに加えて 6 桁のセキュリティ コードまたはキーの入力が求められます。これにより、ユーザー全員のセキュリティが高まります。

Enterprise アカウントのセキュリティ ツール

Enterprise アカウントの管理者には、すべてのデータとチームの安全を守るより多くの方法が用意されています。管理者が有効にできる、Enterprise 限定のセキュリティ機能の一部をご紹介します。

what-can-i-do-to-make-my-teams-account-even-more-secure_carousel-1-slide-1

エンタープライズ モビリティ管理(EMM)

社員が組織のシステムにアクセスするために使用する個人のスマートフォン、ノートパソコン、タブレットなどによって生じるセキュリティ違反のリスクの増加に対抗するため、組織が EMM フレームワークを採用することはよくあります。

EMM とは、社員が幅広い種類のモバイル デバイスでデータを使用する場合に、会社がデータを管理するために使用するシステム(ソフトウェア、人材、プロセスを含む)を指します。EMM を使用すると、チーム管理者は管理デバイスに対してモバイル アプリの利用を制限すること、アプリの利用状況を可視化すること、また紛失または盗難デバイスを遠隔削除することができます。

この機能を使用するには、管理者がサードパーティ EMM プロバイダと協力し、会社でのモバイル デバイスのアクセスを管理する必要があります。その後、管理コンソールに移動して[ 設定 ]ページにアクセスすることで、管理者は Dropbox でこの機能をオンにできます。[ デバイス ]、[ EMM ]の順に選択します。

共通権限の設定

チームの管理者として、チーム外とのファイルおよびフォルダの共有をブロックすることを決定したとします。その方法をご存知ですか?

よくある質問

チームのアカウントを保護する方法について質問がありますか?まずはこちらをご覧ください。記載されていない質問がある場合は、help.dropbox.com にもさらに回答がありますのでご参照ください。

SSO の設定方法

SSO を有効にする前に、まずアイデンティティ プロバイダに移動してその設定手順を実行する必要があります。次に管理コンソールに移動し、[ 設定 ]を選択してから[ 認証設定 ]の下の[ シングル サインオン ]を選択します。SSO を任意とするか必須とするかを選択してから、手順を実行して設定します。

Dropbox アカウントを保護する方法

アカウントの保護を強化する方法は数多くあります。パスワードの変更や 2 段階認証の設定に加えて、アカウントからのデバイスの削除、ウェブ セッションやアプリの管理、他のデバイスからの Dropbox の遠隔削除を実行できます。

削除したファイルを復元するには?

Dropbox なら削除したファイルの復元も簡単です。dropbox.com にログインし、左側のサイドバーにある[ 削除済みファイル ]をクリックします。復元するファイルを検索し、その名前を選択して[ 復元 ]をクリックします。

セキュリティ設定の調整

ここまで、利用可能なセキュリティ設定について説明してきました。次に、皆さん自身で設定を調整してみましょう。

what-can-i-do-to-make-my-teams-account-even-more-secure_carousel-2-slide-1

管理コンソールから始める

ここでも管理コンソールから始めます。[ 設定 ]をクリックして、[ 認証 ]までスクロールします。