Skip to main content
他のメンバーに管理者権限を付与する方法

他のメンバーに管理者権限を付与する方法

管理者として 1 人ですべて行う必要はありません。チームの他のメンバーにも簡単に管理者権限を設定できます。

設定に役立つ機能

誰でも、ときにはちょっとしたサポートが必要になります。それは管理者も同じです。

管理者の階層

Dropbox Business には 3 種類の管理者階層があり、それぞれに独自の機能と権限があります。管理者階層機能は、Advanced と Enterprise プランの Dropbox Business チーム向けの機能です。Standard チームの管理者には、同じレベル(チーム管理者)の権限があります。

how-do-i-set-up-admin-access-for-others_pick-a-tier-any-tier_card-1

チーム管理者

チーム管理者には最上位の権限とアクセス権があります。ユーザー管理者およびサポート管理者のすべての操作を実施できます。

チーム管理者はチーム全体のセキュリティ権限と共有権限の設定、他のユーザーの管理者への割り当て、メンバーの管理を行うことができます。チーム管理者のみが、他のチーム メンバーを管理者に設定したり、管理者の役割を変更したりできます。Dropbox Business アカウントには 1 名以上のチーム管理者が必要です。

how-do-i-set-up-admin-access-for-others_pick-a-tier-any-tier_card-2

ユーザー管理者

ユーザー管理者には 2 番目に高いレベルの権限とアクセス権があります。チーム メンバーの追加や削除、グループの管理、チームのアクティビティ フィードの閲覧など、チーム管理に関連するタスクのほとんどを実行できます。

how-do-i-set-up-admin-access-for-others_pick-a-tier-any-tier_card-3

サポート管理者

サポート管理者は最も少ない権限を持ちます。パスワードやアカウントの基本的なセキュリティの管理、チーム メンバーのアクティビティ ログの作成を行うことができます。サポート管理者は、削除したファイルの復元や、2 段階認証でロックアウトされたチーム メンバーに対するヘルプなど、一般的なチームからのリクエストにも対応できます。

大いなる力には大いなる責任が伴う

管理者として、別のユーザーに管理者権限を与えると非常に便利です。ただしその前に、検討すべきことをいくつかご紹介します。

how-do-i-set-up-admin-access-for-others_carousel-1-slide-1

代理操作の活用

他のユーザーに管理者権限を与えると、代理操作などをできるようになり作業が楽になりますが、手当たり次第にアクセス権を与えればいいというものではありません。[ メンバー ]ページの管理コンソールでは、自分が選んだユーザーに管理者権限を与え、そのユーザーの管理者の種類を選択できます。

よくある質問

管理者の追加について質問がありますか?まずはこちらをご覧ください。ここに記載されていない質問がある場合は、ヘルプセンターにもさらに回答がありますのでご参照ください

管理者権限を削除または調整したい場合、どうしたらよいですか?

管理者権限は管理コンソールから削除できます。左側のサイドバーにある[ メンバー ]をクリックし、編集したい管理者を探して、そのメンバーの氏名の隣にある歯車のアイコンをクリックします。そこから、設定や権限を変更できます。

自分の管理者階層やアクセス権をカスタマイズできますか?

いいえ、どちらもできません。たとえばユーザー管理者にチーム管理者の権限の一部を与えることはできません。

別の管理者が私の管理者アクセス権を削除することはできますか?

そのユーザーの役割によって異なります。チーム管理者はあなたのアクセス権を削除できますが、サポート管理者はできません。

管理者アクセス権を与える

チームのメンバーに管理者権限を与える方法はシンプルです。 矢印を選択して、手順をご確認ください。

how-do-i-set-up-admin-access-for-others_carousel-2-slide-1

ユーザー管理者の追加

管理コンソールから[ メンバー ]ページを開きます。