Skip to main content

容量の問題に関するトラブルシューティング

大容量のファイルで作業をする際は、パソコンの容量を大量に消費します。Dropbox の選択型同期やスマート シンクを活用すると、実際に必要なコンテンツのみをローカルに保存できます。

ストレージを適切な方法で管理

パソコンに容量があまりないことや、サイズの大きなメディア ファイルで作業をすることもあるでしょう。Dropbox には、容量を使わない保存方法があります。

Dropbox Business では、選択型同期やスマート シンクなど、デスクトップ アプリケーションへの同期を管理する方法がいくつかあります。1 つだけ使用することも、両方使用することも可能です。

how-do-i-control-my-teams-access-to-dropbox_get-everyone-on-board_card-3

選択型同期

選択型同期は、パソコンに同期させたいフォルダだけを選択できる Dropbox デスクトップ アプリの機能です。この機能では、必要なファイルだけをパソコンに保存するように管理できます。パソコンのハードドライブの容量が少なく、容量を節約したい場合に便利です。

選択型同期を利用すると、一部のファイルがパソコン上の Dropbox フォルダに表示されませんが、Dropbox にすべて安全にバックアップされているため、dropbox.com からアクセスできます。

同期アイコンの意味

デスクトップでは、各ファイルとフォルダに次のアイコンが表示されます。これらのステータス アイコンによって、管理者とチーム メンバーはコンテンツの同期状態を把握できます。

Dropbox の同期アイコンについての説明をご覧ください

A green circle with a check mark icon means your content is fully synced to Dropbox.

同期完了

チェック マークが付いた緑の円のアイコンは、アイテムが Dropbox に完全に同期されていることを示します。

troubleshooting-storage-space-issues_card-2

実施中

矢印が表示される青色の円のアイコンは、そのアイテムが現在同期中であることを示します。

troubleshooting-storage-space-issues_card-3

ファイルまたはフォルダは同期していません

選択型同期を使用している場合は、マイナス マークが付いた灰色の円のアイコンが表示されます。これは、アイテムがパソコン上で同期されていないことを示します。

troubleshooting-storage-space-issues_card-4

同期できません

X が付いた赤色の円のアイコンは、何らかの問題があり、Dropbox がアイテムを同期できないことを示します。

troubleshooting-storage-space-issues_card-5

オンラインのみ

スマート シンクを使用している場合は、灰色の円の中に雲のアイコンが表示されることがあります。このアイコンは、アイテムがローカルの Dropbox フォルダに表示されますが、ファイル サイズと同じ容量を使用するわけではないことを示します。コンテンツは、エクスプローラーまたはデスクトップ アプリで表示できますが、ファイルは必要でなければ、またはオフラインで編集しない限りは、ハードドライブに保存されません。

troubleshooting-storage-space-issues_card-6

ローカル

スマート シンクを使用している場合は、白いチェックマークが付いた緑色の円のアイコンが表示されることがあります。このアイコンは、コンテンツがローカルのハード ドライブに保存され、ストレージ容量を使用していることを示します。これらのファイルはパソコンから直接編集できます。

troubleshooting-storage-space-issues_card-7

混在しているフォルダ

スマート シンクを使用している場合は、緑の外枠と緑のチェック マークが描かれた白い円のアイコンが表示されることがあります。このアイコンは、フォルダにオンラインのみのコンテンツとローカル コンテンツの両方が格納されていることを示します。

選択型同期を使う

選択型同期を有効にするには、デスクトップから Dropbox の基本設定にアクセスします。

Mac で選択型同期を有効にする方法

選択型同期を有効にするには、メニューバーから Dropbox アイコンを選択します。次に、ご自分のアバターをクリックし、[基本設定]を選択します。[同期]タブをクリックすると、選択型同期を有効にできます。Dropbox Business ユーザー:個人用とビジネス用の Dropbox をリンクしている場合は、タブの上部で設定を変更する Dropbox アカウントを選択してください。 選択型同期については、Dropbox ヘルプセンターで詳細をご確認ください。

troubleshooting-storage-space-issues_text-media-1
Windows で選択型同期を有効にする方法

選択型同期を有効にするには、タスクバーから Dropbox アイコンを選択します。次に、ご自分のアバターをクリックし、[基本設定]を選択します。[同期]を選択すると、選択型同期を有効にできます。対応するボタンをクリックするだけです。 Dropbox Business ユーザー:個人用とビジネス用の Dropbox をリンクしている場合は、タブの上部で設定を変更する Dropbox アカウントを選択してください。選択型同期については、Dropbox ヘルプセンターで詳細をご確認ください。

troubleshooting-storage-space-issues_text-media-2

スマート シンクの使用方法

スマート シンクを使用するには、まずパソコンに Dropbox デスクトップ アプリケーションをインストールする必要があります。

Mac でコンテンツを「オンラインのみ」にする方法

デスクトップで Dropbox フォルダを開き、オンラインにのみ保存したいファイルまたはフォルダを探します。Ctrl キーを押しながらそのファイルまたはフォルダーをクリックし、[スマート シンク]、[オンラインのみ] の順に選択します。これで、選択したコンテンツはオンラインのみで保存され、ハード ドライブの容量を節約できます。デスクトップ アプリを使用している場合は、同じ手順でコンテンツをオンラインのみにできます。 スマート シンクの詳細については、ヘルプセンターをご覧ください。

troubleshooting-storage-space-issues_text-media-3
Windows でコンテンツを「オンラインのみ」にする方法

デスクトップで Dropbox フォルダを開き、オンラインにのみ保存したいファイルまたはフォルダを探します。そのファイルまたはフォルダを右クリックし、[スマート シンク]、[オンラインのみ]の順に選択します。これで、選択したコンテンツはオンラインのみで保存され、ハード ドライブの容量を節約できます。この操作はデスクトップ アプリから実行することもできます。

troubleshooting-storage-space-issues_text-media-4
容量の有効活用

選択型同期とスマート シンクは、Dropbox アカウントからコンテンツを削除するわけではありません。作業するパソコンの容量を節約するだけです。どのコンテンツも、保存先の Dropbox ですぐにアクセスできます。

troubleshooting-storage-space-issues_text-media-5