Skip to main content
ファイルはどこにどのように保存するとよいですか?

ファイルはどこにどのように保存するとよいですか?

Dropbox はファイルを安全に共有および保存するのに適した場所です。デスクトップ アプリ、dropbox.com、またはモバイル アプリを使用することができます。

Dropbox によるファイルの整理と更新

Dropbox には、すべてのファイルを整理し、シームレスに更新するためのツールが用意されています。

詳しくはこちら

どのデバイスでも簡単に Dropbox にファイルを保存して同期することができます。

where-and-how-do-i-save-my-stuff_carousel-slide-1

dropbox.com でのファイルの保存

Dropbox のウェブサイトを利用すると、ファイルを簡単に Dropbox にアップロードできます。dropbox.com にログインしてパソコンからファイルをドラッグ アンド ドロップするだけです。また、[ アップロード ]をクリックしてファイルやフォルダを選択することもできます。ウェブサイト経由でアップロードする場合、20 GB のファイル サイズ制限があることに注意してください。これより大きいサイズのファイルがある場合は、代わりにDropbox デスクトップ アプリを使用します。

オフラインでの作業

飛行機に乗っていることや、インターネットがダウンすることもあるでしょう。でもご安心ください。ファイルで行った変更は、その後オンラインに戻った時点で Dropbox に自動的に同期されます。また、オフラインでもファイルフォルダをモバイル デバイスで閲覧できるように設定することもできます。Dropbox を使用すれば、いつでもどこでも中断せずに作業することができます。

where-and-how-do-i-save-my-stuff_working-offline_image

スマート シンクと選択型同期

Dropbox には、すべてのファイルを安全に Dropbox にバックアップしつつ、ハード ドライブの容量を節約する 2 つの機能があります。スマート シンクは Dropbox Plus、Dropbox Family、Dropbox Professional、Dropbox Business のお客様にご利用いただけます。選択型同期はすべてのユーザーにご利用いただけます。

where-and-how-do-i-save-my-stuff_feeling-smart-or-selective_card-1

スマート シンク

Dropbox Plus、Family、Professional、および Business のユーザーが使用できるスマート シンクでは、Dropbox アカウント内のすべてのファイルとフォルダがデスクトップに表示され、直接アクセスすることができます。ハード ドライブの容量も消費しません。また、ローカル ドライブに実際に保存できるファイルとフォルダの量よりもクラウド内のファイルとフォルダの量の方が多い場合でもまったく問題ありません。その理由は、スマート シンクにより以下が可能となるためです。

  • 個別のファイルやフォルダがオンラインのみで利用できるのか、パソコンでローカルに保存されるのか、オンラインとパソコンの両方で利用できるのかを選択する
  • あなたと共有済みの新しいファイルとフォルダのデフォルトの同期設定を選択する
where-and-how-do-i-save-my-stuff_feeling-smart-or-selective_card-2

選択型同期

選択型同期は、パソコンと同期する Dropbox 内のフォルダを選択できる機能で、すべてのユーザーが利用できます。この機能を利用すると、必要なファイルのみをパソコンに保存することができます。

パソコンに表示されるフォルダを選べるので、あまり使わないフォルダを非表示にするなど、ファイル整理に役立ちます。

よくある質問

データの保存について質問がある場合はまずはこちらをご覧ください。記載されていない質問がある場合は、help.dropbox.com にもさらに回答がありますのでご参照ください。

選択型同期とスマート シンクは何が違うのですか?

スマート シンクと選択型同期はどちらもハード ドライブの容量を節約することができます。ただしスマート シンクでは、パソコン上のすべての Dropbox コンテンツを表示できます。選択型同期では、パソコンで参照したいフォルダしか表示されません。これは、フォルダを大量に作成しているものの、ハード ドライブの容量を使い尽くしたくないユーザーにとっては便利な機能です。

スマート シンクでファイルをオンラインのみにすると、そのファイルはどうなりますか?

ハード ドライブの容量に空きができること以外に違いはありません。ファイルをオンラインのみにすると、パソコンの Dropbox フォルダからファイルのローカル コピーが削除され、パソコンがオフラインの間はそのファイルにアクセスできなくなります。ご利用のアカウントや別のデバイスで dropbox.com を開くと、ファイルは引き続き使用できます。オンラインのみに保存したファイルは引き続きパソコン上に表示されますが、これはファイル全体のブックマークのようなものです。

他のユーザーも「オンラインのみ」のコンテンツにアクセスできますか?

フォルダを共有した相手は、共有されているすべてのオンライン コンテンツにアクセスすることができます。オフライン時に「ローカル」にあるファイルに変更を加えると、オンラインに戻ったときに同期されます。スマート シンクが有効になっていると、自分と共有されるすべての新しいコンテンツ、および別のパソコンやデバイスから Dropbox に追加したすべての新しいコンテンツが自動的に「オンラインのみ」で開始されます。

試してみる

パソコンやモバイル デバイスにファイルをアップロードして同期する練習をご希望ですか?次のチュートリアルをご覧ください。ご自分のデバイスで練習することができます。

ファイルのアップロードと同期方法

Dropbox アカウントにファイルをアップロードして同期する方法をご確認ください。

where-and-how-do-i-save-my-stuff_carousel-2-slide-1

dropbox.com にファイルをアップロードする

ウェブ上にファイルをアップロードするには、[ アップロード ]ボタンをクリックし、アップロードするファイルを選択します。緑色のチェック マークが表示されると、パソコンまたはモバイル デバイスでファイルを参照できるようになります。