Skip to main content
Dropbox で共同作業を行う理由

Dropbox で共同作業を行う理由

Dropbox を使うと、他のユーザーとのファイル共有や共同作業を安全かつ簡単に行えるので、最も重要な作業に集中して取り組むことができます。

コラボレーションを促進

Dropbox のさまざまな機能を活用することで、自分のスタイルで仕事を進めることができます。

「紙」の新しいカタチ

Dropbox Paper は、ドキュメント、表、ファイルなどを作成して簡単に共同作業ができるツールです。シンプルなデザインで、アイデアを生み出す重要な作業に集中できるよう設計されています。Paper は Dropbox ともシームレスに連携するため、すでにアカウントを持っている場合は Paper を使用できます。

直感的な共同作業ツール

Dropbox では、さまざまな方法で共同作業を行うことができます。ご自分の目的にあった機能を見つけてぜひご活用ください。

why-collaborate-with-dropbox_intuitive-collaboration-tools_card-1

コメント

コメント機能を使用すると、メールをやり取りせずにお友達や他のユーザーと直接ファイル内で話をすることができます。また、いつでも必要なユーザーに会話に参加してもらうことができます。コメントは、ファイル全体につけることも、ファイルの特定の部分につけることもできます。コメントを追加すると、ファイルの所有者、そのファイルにコメントをしたことがあるすべてのユーザー、さらにはファイルで @メンションされたユーザーに通知が届きます。

why-collaborate-with-dropbox_intuitive-collaboration-tools_card-2

バッジ

自分のアカウントに保存した Microsoft Word、PowerPoint、Excel ファイルに Dropbox バッジが表示されます。ドキュメントで作業をしていると Dropbox バッジが表示され、Dropbox 内で編集していることがわかります。バッジを選択すると、リンクの共有や前のバージョンの閲覧などの操作をすばやく行うことができます。また、誰かが共有ファイルを開いて、閲覧、編集、更新を行うとバッジから通知が送られます。これで常に現状を把握できるため、いろんな人が競合するバージョンを作るという問題を防ぐことができます。

why-collaborate-with-dropbox_intuitive-collaboration-tools_card-3

共有について

ファイルとフォルダを共有すると、簡単に共同作業を行うことができます。フォルダ全体を共有して他のユーザーによるコンテンツのレビューと編集を許可したり、リンクのみを共有してコンテンツの閲覧のみを可能にしたり、ファイル リクエストを送信して他のユーザーからコンテンツを収集したりすることができます。共有は、Dropbox で共同作業を行うのに最適な方法です。

why-collaborate-with-dropbox_intuitive-collaboration-tools_card-4

削除ファイルの復元とバージョン履歴

Dropbox では、Dropbox フォルダ内のすべての変更のスナップショットが保持されます。あなたと同僚が同時に同じドキュメントを編集して 2 つのバージョンができてしまったり、誤ってファイルを削除したりしても、dropbox.com を介して、またはファイル自体から直接 Dropbox バッジを使用して、旧バージョンのファイルを確認して復元することができます。

重要な会話はリアルタイムで

コメント機能により、Dropbox デスクトップ アプリ、モバイル アプリ、または Dropbox ウェブサイトから共同作業を行いながら会話できます。

why-collaborate-with-dropbox_have-important-conversations-in-real-time_image